OB・内定者就活体験談

 

ペンの森からは毎年10名前後のOB・OGが内定し、卒業していきます。

そんなOB・OG・内定者達の就活体験インタビューを集めました。

 

【19期・読売新聞内定者・TKさん・立教大】

毎回のようにマスコミ業界で働く先輩方から、様々な話を聞けた

 

【19期・講談内定者・NAさん・明治大】

本気でダメだしをしてくれる人達に恵まれた

 

【19期・テレビ朝日内定者・TSさん・慶応大】

ここは「最高に居心地の良い場所」

 

【19期・地方紙内定者・DAさん・既卒】

 

新聞記者になりたいのなら、あきらめないことです。

 

【18期・朝日新聞内定者・SHさん・中央大】

瀬下先生は「ついて行って大丈夫なじいさん」

 

【18期・日経新聞社内定・ENさん・一橋大学院】

「ペン森で得られる環境をフルに活用してほしい」

 

【18期・読売新聞内定・MMさん・既卒】

「目標に向かってがんばれば、ちゃんと見てくれる場所」

 

【18期・毎日新聞内定・SIさん・明治大】

「上手く自分を伝えるためには、添削は欠かせない」

 

【2期・朝日新聞・井上恵一朗さん】

「先生の人を見る目は確か。」

 

【7期・日経新聞・高和梓さん】

あきらめたらそこで終わり。あきらめなければ道は拓ける」

 

【3期・双葉社・大城武さん】

「新聞記者やテレビ局、出版社員。努力を続ければ誰にでもなれる。」

 

【7期・医歯薬出版社・寺本真衣さん】

「人生を通じてよきライバル、よき仲間、そして先輩、先生に恵まれる場所。」