プロフィール

【ペンの森とは】

1995年設立。

以来400名以上のマスコミ人・社会人を排出し続けている作文・就職寺子屋。塾頭は、元ニューズウィーク日本版発行人の瀬下恵介氏。そのもとに日々、OBの現役マスコミ人・社会人、内定者が集い、語らい、現役生を育成する独特のスタイルで他の塾・予備校とは一線を画す。

 

【ペンの森の特徴】

●少人数で実力を「引き出す」

ペンの森は大規模な予備校でも、一日に十数人も集まる塾でもありません。何故かと言えば、少人数と向かい合い、語らい、その人の実力・魅力を引き出すことを大切にしているからです。とってつけたような表面上の作文力ではなく、どんな状況でもネタを見つけ、書くことのできる本質的な文章力を育てます。

 

●人の交わりが人を育てる ~毎日がOB訪問、面接練習

ペンの森には日々、様々なOBや関係者が訪れます。

世の中を賑わす週刊誌の編集長、政治をにらむ新聞記者、事件追う週刊誌記者に、ファッション編集者…。ぶらっと訪れるこんなOB達と語り合い、叱咤激励される…。実際の面接担当経験者から「で、君はどうしてこの仕事がしたいの?」と問われる贅沢。ここでは毎日の語らいの中でOB訪問や模擬面接が行われています。

 

●一生続く実力と、出会い

少人数で実力を内側から引き出し、生の語り合いから人を育てる。こんなペンの森だからこそ、その実力は就職後も役立ちます。「どうやって相手と語り合い情報を引き出すのか?」「どう魅力的に伝える?」すべてヒントが日々の作文と語らいに潜んでいます。交わりの中で生まれた同期の絆、OBとの絆は一生もの。卒業してからも続き、人生の財産となります。
※2013年6月のOB会では100名以上のOBが集結しました。

 

【塾頭、瀬下恵介について】

1938年宮崎県生まれ。 鹿児島県立鶴丸高校卒。立教大学社会学部卒後、毎日新聞社に入社、東京本社社会部、西部本社報道部、『サンデー毎日』編集部などに勤務。東京本社社会部遊軍長、サンデー毎日編集次長兼別冊編集長などを経て、TBSブリタニカに移籍、同社取締役。『ニューズウィーク日本版』の創刊にかかわり、同誌発行人。1995年、マスコミ寺子屋「ペンの森」創設、主宰となり現在に至る。著書に

外人社員―日本ビジネス体験記(TBSブリタニカ、1983年)、上手な文章が面白いほど書ける本―知りたいことがすぐわかる(中経出版、2002年)。

 

 

設立年月日

1995年4月11日

会社の名称

ペンの森 株式会社

資本金 1700万円

役員の氏名

瀬下恵介

主事業内容

文章セミナー、各種研修会企画・開発、

出版・広告・宣伝業務

 

*文章セミナー

・大学生向け論作文教室(マスコミ人養成)

・研修会・セミナー講師派遣

・文章通信添削

 

*出版・広告・宣伝

・各種出版物編集

・広告代理業務

 

・専任講師:瀬下恵介

(元毎日新聞記者、元TBSブリタニカ取締役

『ニューズウィーク日本版』発行人 ・書籍局長、ペンの森主宰、文章添削歴30年。

マスコミ界に門下生300人以上。マスコミ人の

勉強会「瀬下塾」塾長、 著書『外人社員ー日本ビジネス奮戦記』)


マスコミ寺子屋

ペンの森

住所:〒101-0051

東京都千代田区神保町2-4

松好ビル2F(ラーメン二郎の真上)

 

アクセスはこちら

電話:03(3261)9030

FAX:03(3261)9220

Email:penmori(at)abox4.so-net.ne.jp

(at)を@に変えてご連絡ください。

連絡対応時間:

平日13:00~20:00